皆さんこんにちは。田端です。

来年の合格に向けて学習を再開する皆さんへ、
どういったことを分析して学習していただきたいかをお話しました。

とっくに済ませているという方もいるかもしれませんが、
自分が補強すべき部分はドコなのか?ということを考えて、
弱点を補う勉強をすること。これに尽きます。

また、お話しているとおり、
司法書士試験が求めているのは
択一マシーンではなく、
択一も記述も(処理しきれない分量・試験時間だけどその中で)バランスよく処理できる人です。

時間配分に問題があったのか?
記述の解き方が間に合う方法ではなかったのか?
問題を読むスピードのせいなのか?
もっと得点できる科目があったのではないか?極端に失点している科目はないか?
たくさん考えてみてください。
考えた上で、来年に向けての学習スケジュールのバランスを決めてノルマを一つ一つ消化していく。

来年合格を目指すなら、落ち込んでいる時間は1秒もありません。
遅すぎるとか、間に合わないなんてことはないから、全力でまた始めましょう。




パーフェクトユニット方式一発合格田端基礎講座とは?


恵子笑顔(人差し指)

パーフェクトユニットは司法書士受験界で1番やさしい基礎講座です!

にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ にほんブログ村

◆パーフェクトユニット特設ページ(画像をクリックしてください)


必修問題30訂正表(190127)